新しい臨場感

貝殻亭リゾート看板計画?
今日、ご紹介のスケッチは、「貝殻亭リゾートの看板」についてです。
まだまだ、検討段階でありますが、今日はそんな頭の中をちょっとご紹介させていただきます。
会場でもないのに臨場感を演出できるものでしょうか?
=ホームシアターはひとつの良い例です。(音と映像を使った臨場感)
=ブログやHPもいい例です。(画像と文章を使ってあたかもそこにいるような)
看板を使って、会場に着く前から”あたかもそこにいる”を感じていただくために考えてみました。さらに+αで、臨場感から体感へと移り変わりを体験できます
●看板の設置場所の検討
皆様、貝殻亭リゾートにはどのように起こしになりますか?
→徒歩、自転車、車、電車、バス、(ヘリコプター??)
多くのお客様は、車で起こしになられます。
どのルートを使って起こしになられますか?
電車の方→京成or東葉勝田台駅からまっすぐ徒歩、タクシーで
車の方 →千葉北IC〜R16〜下市場陸橋〜R296〜勝田台北口交差点〜村上方面
多くのお客様は、R296をご利用いただいております。
このようにお客様のご来亭ルートと方法を良く考えて、以下のように看板を設置してみます。
貝殻亭リゾート内  :各店舗ごと特徴的な看板
R296と勝田台駅の間に:貝殻亭リゾート各店舗ののった看板
R16や千葉北IC、電車の場合も考えて、佐倉、八千代台、西船橋(ともに乗り換えのポイント)      :貝殻亭リゾートの象徴的な看板
を設置してみます。
すると、貝殻亭リゾートに近づくにつれ、看板の大きさと内容が変わっていきます。
最後にたどり着くと各店舗が特徴的な看板とともにお客様をお迎えいたします。といった具合です。
予算の関係などがありますし、通行量やスピードをだして通りすぎてしまいます場所でもしょうがないので、下調査が必要です。(後日、店舗の看板をご紹介いたします。)