究極のテーブル

ソレイユカフェテーブル
おはようございます。
貝殻亭リゾート、仏蘭西料理貝殻亭にあるブビンガの一枚板のテーブルはご存知ですか?
今日はソレイユにあります。究極のテーブルのご紹介です。
●●●今日のパビリオン●●●
貝殻亭リゾート専属建具職人 平塚さん作 寄木細工のテーブル
設置場所:ソレイユ2階カフェ
製作期間:1つあたり約3週間
ご覧ください、銘木を買って、贅沢に小さいサイズに切っていきます。切って切って切って、それを組み合わせていきます。着色料は一切使わず、自然の木そのものの色でできています。
ちなみに黒の板の部分は、紫檀、水に入れると沈んでしまうぐらいの密度の高い木です。いわゆる銘木中の銘木。加工するとき刃が負けます。
ちなみに貝殻亭のブビンガの真ん中に船のコンパスが埋め込まれていますが、この穴を開けるときにドリルを使いましたが、その際、ドリルから煙が、、、、
ブビンガ、紫檀と貝殻亭リゾートには銘木がいたるところに使われています。


One thought on “究極のテーブル

Comments are closed.