世界でひとつだけのドアノブ

ソレイユドアノブハーブ
おはようございます。
本日、ここ関東地方も梅雨入りです。湿度は高く、気温が下がり気味になります。時々現れる太陽によって気温が急上昇、体調を崩しやすい季節となります。皆様ご注意ください。
さて、今日ご紹介は
●●●今日のパビリオン●●●
日本を代表する鍛鉄職人 西田光男さん作 南仏からハーブをお届け:ドアノブ
設置場所:ソレイユ1階入り口
製作期間:1つあたり約??週間
昨日は、西田さんのお人柄と出会ったきっかけについてご紹介いたしました。
今日は、初めて西田さんとコンタクトを取ったときのことを少々
ソレイユのオープンをきっかけに愛情たっぷりのこだわり建具や鉄細工を探し始めました。
以前からとっても可愛らしい鉄細工を見る機会があり、そこでこちらはどなたが作ったのですかと伺い、西田さんのお名前を知ることになりました。
その後は、調べる調べる調べるだけ、かなり昔の新聞に西田さんの工房の電話番号が
よし、電話するぞ、でも調べてわかったことは、西田さんは作られた作品をわが子のように考えておりまして、飲食店などの浮き沈みのある(場合によってはCLOSE)ところには、基本作品を譲らないと言うことも知っておりました。
しかし、ソレイユにはそんな作品が必要で、そこに価値があるわけですから、正直ためらわずにお電話をしました。
お電話人出られたのは、偶然西田さん本人。いきなりの電話で長々と自分とソレイユの話を、結果あっていただけるということになりました。
また、驚いたのは、途中「どのようにこちらの電話番号をしったのですか?」と、確かに西田さんの工房の電話番号は基本載っていないことがそのときわかったのです。
やっぱり、こだわりにこだわり、しつこくしつこく、思い描いたものを形にするまで!
これが基本ですね。