陶板設置場所から

島田台陶板設置
ナニワイバラを植え込んではや2ヶ月が過ぎ、3ヶ月目になる施設もございます。
今日は、車でいうなら1ヶ月点検のご紹介です。
砥部焼きの職人さんが手がけた熱き陶板を植え込みましたバラのそばに設置です。
まず、こちらの写真は島田台病院のフェンスに取り付けたところです。
すでに新しいシュートが育っております。来年は咲くことでしょう!
ボンセジュール陶板設置
つづいて、京成線八千代駅近くにある施設ボンセジュールからのショットです。
フェンス裏にたくさん草木が茂っておりますが、バラは順調に成長しておりました。
フェンスの面積が非常に広い分、長く育て上げるととても見ごたえのあるポイントとなること間違いなしです。
グリーンヒル陶板設置
つづいて、こちらは貝殻亭リゾートから車で5分ほどのところにございます。施設グリーンヒルさん、施設入り口のロータリー中ほどにアイアンアーチを設置いただきそこにバラを延ばしていこうという計画です。
興味を引いたのは、生垣そばに植え込んだバラの成長がすばらしかったことです。
また、小さな”かぶ”もお譲りしたのですが、ポットを大き目のに変えたところ急激に成長したとのこと、やはり成長させるにはある程度根が張ったらポットを大きいものに変更しなくてはいけないということですね。