ファーム富田に学ぶ

ファーム富田入り口
本日は、貝殻亭リゾート25周年記念プロジェクトのひとつ「シェアファーム(仮)」についてご紹介です。
貝殻亭リゾート25周年記念プロジェクトといっても!?でしょうから、簡単に説明しますと。
貝殻亭25年の歴史に感謝し地域社会のQuality of Life向上の為の何かをでいくつかのプロジェクトが今年に入り立ち上がってきています。
ひとつは、「ナニワイバラの街づくりプロジェクト」でありもうひとつは現在、秩父の鍛鉄工房で作られる「貝殻亭リゾート鍛鉄食材の森”語部達の食育ツアー」であり、市民農園と地産地消とプラス貝殻亭エッセンスが加わった「シェアファーム」でございます。
シェアファームの企画を練るのに、先日北海道富良野にあるファーム富田さんを訪問してきました。
トラクター
普段は、フルーツや野菜、米の生産農家の方々にお会いしていてなれているトラクターですが、フラワー農園でも同じものがあったのには、思わず写真を撮ってしまいました。
これ以外にも、軽トラックなどなじみの機械・機材がいっぱいあったのには、軽々しくも、自分の農園の周辺にもラベンダーやローズマリーなどを育てたいと思いました。
耕運機
耕運機は中型と小型があり、小型はたくさん並んでいました。やはりこれだけの面積を丁寧に耕すには、多くの人数で、少しずつ丁寧に行っていかなくてはいけないのかと影の苦労がうかがい知れ、感動しました。
とふけっていると、紫のエプロンをしたかわいらしい格好のアルバイトの方々が雪が降る前にやることがたくさんあるんだと畑に向かっていきました。
ラベンダー畑1
いよいよ、満開の季節は過ぎてしまった後の刈り込んだ状態のラベンダー畑です。きれいに整備されたファームは、ここに情熱を注ぎ込んでいる富田さんの性格をあらわしているようで、あったこともないのに、富田さんと会話をしている気にさえなりました。
貝殻亭で立ち上げる「シェアファーム」が食材の生産だけではなく、ファーム富田で感じた感動を伝えられる場所になるよう挑戦しようと決意した日でした。
次回は、その富田さんの熱きメッセージをご紹介します。