ガーデンサロントーク2014 第1回


本日、ガーデンサロントークの第1回目が開催されました。今年のトップバッターを務めて

くださったのは、昨年に続いてのエフメールの長森代表です。

長森さんは富里市の広大な農園で、600種以上の宿根草の栽培を手掛けていらっしゃいます。

丈夫でしっかりした苗は全国的に有名で、今回のサロントークも満席となりました。

エフメールさんの苗は、お庭に直植えするか、大きめの鉢に植え替えると、花が咲く時期には、

株がしっかりとして、大きく立派で、長持ちする花が沢山つきます。秘密は長年苦心されてきた

土づくりにあるようです。

長森さんが世界中から選んできた草花の紹介や、苗栽培の基本となる土づくりについて

レクチャーをしていただく中、文化としてのガーデン作りにかける意気込みが伝わってきました。

IMG_9972

1時間ほどの講演の後、皆さんお待ちかねのランチブッフェ。ガーデンサロンのパスタ、貝殻亭の

コンフィ、ソレイユのケーキなどを和気藹々にお楽しみいただき、お食事後はエフメールさんの苗の

販売。皆さんご満足していただいた様子で担当者たちも一安心といったところです。IMG_9984IMG_9999

私どもはガーデニングを通じて、人々が集うことのできる機会を増やしていきたいと考えています。

それがコミュニティ・ガーデンの本質だと思います。

公園のように誰もが出入りできるガーデンは皆さんのお力添えがあって成り立つものです。

私どもはガーデンボランティアを募集しています。ガーデニングのノウハウを得られるとともに、

花でつながるお友達つくりにいらっしゃいませんか?

月曜日、火曜日の9:30~11:30 ボランティアとしてガーデンのメンテナンスに参加いただける

方は、お電話ください。047-481-6227(火曜日定休)

貝殻亭ガーデン通信vol1


寒い日が続きますがお元気にお過ごしでしょうか。先日の大雪で大変な目に会われた方もいらっしゃるかと存じます。

貝殻亭ガーデンも、立ち木が折れたりして後片付けに追われています。そんな中で小さな春を見つけましたので、皆様にもお知らせをしたいと思います。

s-IMG_9963

今月の中旬に降り積もった雪がまだ残っているガーデンです。今スノードロップが満開です。先週の大雪にも平気で、さすが‘雪のしずく’という名前だけありますね。茶色い冬景色ですが、春の気配が足元から感じられます。

先週までは作業中靴の中にカイロを入れないと足の先がジンジンと冷えてきましたが、今日はカイロがなくても大丈夫。

気の早いスイセンも咲き始めていますし、もうそろそろバラや落葉樹の剪定を終わらせなくてはいけません。皆さんは、もう終わらせましたか?

ガーデンは頑張って今月中に急ピッチで終わらせたいと思います!

貝殻亭ガーデンではガーデンボランティアを募集しています。

貝殻亭ガーデンは言わば公園のように、誰にでも開かれた庭です。そのメンテナンスを通じて、ガーデニングのノウハウを得られるとともに、そこに集う人々が植栽を通じて交流を持てる機会が得られると考えます。

既に20名を超える方々がボランティアとして登録されていますが、さらに多くの方が集まっていただければと思っています。月曜と水曜の9:30~11:30 楽しく作業をしてみませんか?

ボランティアのお申込みは、TEL047-481-6227( 火曜日定休)まで

 

大雪の被害

IMG_9927

2度の大雪に見舞われた2月、大変な目に会われた方も多いと思いますが、貝殻亭リゾート&ガーデンも無事には済みませんでした。

貝殻亭のエントランス横にある鉄傘が雪の重みで、折れ曲がってしまい、絡まっていたムベやテイカカヅラ、ノウゼンカヅラ、さらにはナニワイバラの一部に被害がでました。

幸いケガ人は無かったのですが、修復することが不可能なため、鉄傘を切り落とすことになりました。

残念なのはこれまで30年に渡って、貝殻亭の外観イメージを印象づけてきた植栽を無残にも剪定しなければならなくなったことです。

その他にもガーデンの立ち木に被害があり、垣根が倒木したり、立ち木ガ折れたりでこれからの修復が大変な状況です。

貝殻亭ガーデンはコミュニティ・ガーデンとして訪れる方はご自由にご覧いただいていますが、来園者が増える春を前にどこまで修復できるのか、関係者の悩みは尽きません。

ガーデンのメンテナンスを手伝っていただいているボランティアの方々のお力も借りて、早く復旧できたらと思っています。

IMG_9929

 

2014年2月19日