先日、姫路に行ってきました。


ハウス外見

素材を調理し、お客様に提供させていただく→その素材に関心を寄せ→その素材を生産する生産者の方々、技術、生産地に興味が湧く。

と当たり前に、好奇心の進むうち、姫路にやってきました。

ここには、すごい方がいらっしゃいます。

山根式水耕栽培を提唱し、今生産活動と普及活動と研究活動を同時に推し進めていらっしゃいます。

ハウス外見

こちらは京都にある施設の一部です。

まず、山根さんが提唱する「100年野菜」。子供、孫達に安全・安心・美味しい食を残そうとする活動で、山根さんのビジネスの核になる理念です。なんだか私達の「50年未来と明日への一歩」とにているぞ!と出会う前からワクワクしました。

ちなみに50年未来プロジェクトはGPI(貝殻亭)の所属するIMAという協会でも使用されるキャッチフレーズです。共に提唱者が同ですのでご心配なく

トマト

こちらは水耕で育てられるトマト、この水耕栽培に行き着くまでの歴史がまたすばらしいのです。

山根さんは、かつて革新的な育成法を導入し、北海道1の牛の数を誇る酪農家でした。20年ほど前あるきっかけで野菜作りに取り掛かり当初は土を使った農耕に参入、酸性雨など地球環境の変化を考えると最も自然の状態(明治時代以前の野菜作り環境と定義づけされておられます)を作り出すには水耕栽培しかないと決断、現在の山根式水耕栽培の確立にいたりました。((間違っていましたら教えてください))

トマトの根

こちらは、トマトの根です。

山根さんは、植物の根を人間で言う内蔵とおっしゃられます。根をすぐ見れる状態にしておくことも水耕栽培への移行のきっかけになったとのことです。先日、ある本を読んでおりましたら、人から出るオーラの1つに内臓エネルギーというのがあり、内蔵の健康がその人の健康に大きくつながると書いておりました。((予備校の人気講師の書いた本です。))根は、栄養を吸収する機能を持っているわけですから、人間で言えば内臓。このことからもと根の重要性が認識できます。

ちなみに、こちらトマトの根は、朝鮮人参より栄養値が高く。将来の栄養剤に期待されます。

せりなんかも根を食べますが、問題は土を落とす手間。結果ではありますが、水耕のいいところは、この手間が大きく省けることです。

山根式の水耕栽培の魅力はここだけでは語りつくせません。なんともすばらしいのが、自然との共存を考えた施設栽培であることです。地球破壊につながるいやな話ばかりの中、一筋の光が見えた気持ちです。

ステビア達

最後に、こちらは、先日ご紹介したアニス式の初トライです。
ステビア、ミント、アーティチョークを植えました。
11月ですので、植え込むには、よくない時期ですが、思いついたらいてもたってもいられない僕の性格から無理を言ってハウスの一部を借りてスタートです。

僕と種

ロロロッサの種をアニス式で植えました。
生産者の皆様と強いタッグを組んで、食文化について語り、普及できる組織にしていきたいと考えております。

パプリカとアニス農法


集合写真
フランス料理貝殻亭から車を南に走らせた君津市で、
最新の科学を用い野菜を無農薬で育てているアニスの皆様
写真は、純浦社長と貝殻亭リゾートのみんな。
アニスのすばらしいところは、経験と勘をデータと理論で把握する姿勢。
従来の、虫をやっつけるために薬を使用するという発想に対し、
虫はなぜやってくるのか?その理由は?おびき寄せている成分は?
虫がほしがる物質を植物体内で発生させない仕組みを作り出しました。
アニスの考え方には、脱帽です。
貝殻亭リゾートの研究栽培では、こちらのアニス農法でも挑戦しようと意気揚々です。
ちなみに、貝殻亭リゾートのパプリカはアニスさんに提供いただいております。
アニス1
こちらは、トマトを収穫するための装置です。
乗ってみるとなんとなく安定してなくて、高所恐怖症の僕には少しつらい作業棚と思いました。

佐倉市産、印旛沼産、、、パッションフルーツ


うかいさん
はじめまして、今日は先日ご紹介させていただいた。
千葉県でパッションフルーツを生産される鵜飼さんです。
ブラジルで食されたパッションフルーツを忘れられず5年前スタートさせたということです。
印旛沼を横切り、草笛の丘周辺へたどり着くとそこに広がるのは、「いかにも日本ののどかな光景」です。
畑の奥に入っていくと道はどんどん細くなる。車1台ぎりぎりのところにたどり着くとそこに1反(300坪ほど)ほどのビニールハウスが、鵜飼さんの案内で中に入ると。
トロピカルフルーツの魅惑の香りがあたりに漂う。
そこは、まさしく熱帯雨林。
鵜飼さんは、パッションフルーツの育成を行いながら、様々な企画を計画中です。
たとえば農園でバーベキューを行ったり、ライブを行ったり。
僕も今度、参加させていただければと存じます。
次回は、千葉県房総半島産マンゴーフルーツです。
生産者の皆様、台風が来ていますね。わかってはいても思わぬ怪我などないようくれぐれも注意ください。

日本のワインだから日本の料理に特に合う


甲州

残暑厳しい今日この頃ですね。

先日、貝殻亭リゾートの慰安旅行で山梨県勝沼に研修をかねがね言ってまいりまし
た。

勝沼は、群馬の前橋と並んで関東極暑の地であります。
今年は、負けたとか勝ったとかなんて話も出てきたりするほどです。

面白いのは、昼と夜の温度差、そして360度山脈に囲まれ降水量が少なく、水はけの良い土地。

さて、ご紹介の1枚目の写真は、日本古来のワインに向く葡萄「甲州」です。

カベルネ

続いては、ワイン通ならご存知のカベルネソーヴィニヨンです。

次の写真は、シャルドネ。

ん〜〜日本でも育つのだなと少し驚きました。

そして今回の最高の発見は、地産池消を理屈ではなく五感で納得したことです。

日本で育った葡萄は、日本という地から成分を吸収し、日本の気候条件で育ち、日本人の感覚で育てます。収穫された葡萄は、同じく日本のエスプリを入れてワインになります。

シャルドネ

この切れのある酸味は、お鮨のネタとお酢にあわせてみようと浮かび上がりました。

正直、この発見は、自身にとっての大発見であると確信しています。

科学で証明するには、大変なので、しませんが。理屈だけでは語れないつながりがお鮨と甲州葡萄のワインにはあることでしょう。

三澤社長

こちらは、熱き思いを語っていただきました社長との2ショットです。

今度、貝殻亭リゾートにお越しの際は、地産地消の取り組みとして、千葉の生産物をたんまりと食していただこうと考えています。

八千代に熱帯雨林!?パッションフルーツと貝殻亭リゾート


パッションフルーツ
本日より新しいカテゴリー”地産池消と絆”が加わりました。
ガーデニングにまつわることからはいったこのプロジェクトは、ついに土つながりである農園や畑で活躍される方々にまでたどり着きました。
今後は、多くの生産者の方々との活動もご紹介していきます。
貝殻亭リゾートから車で15分、広大な印旛沼を横切り草笛の丘周辺へ行く。たくさんの畑が広がる中にひときわ大きなビニールハウスがあります。農園主鵜飼さんに案内され中に入るとそこは熱帯雨林を想わす。パッションフルーツの香りが至る所で感じれます。もちろん育成は完全無農薬、収穫時期は7~8月。
普段なかなか口にすることができないパッションフルーツ、自然界で生み出される酸味の美味しさに気づいたらすでにその虜になることでしょう。
僕は、この前1日で10個ほどいただきました。