ファーム富田に学ぶ


ファーム富田入り口
本日は、貝殻亭リゾート25周年記念プロジェクトのひとつ「シェアファーム(仮)」についてご紹介です。
貝殻亭リゾート25周年記念プロジェクトといっても!?でしょうから、簡単に説明しますと。
貝殻亭25年の歴史に感謝し地域社会のQuality of Life向上の為の何かをでいくつかのプロジェクトが今年に入り立ち上がってきています。
ひとつは、「ナニワイバラの街づくりプロジェクト」でありもうひとつは現在、秩父の鍛鉄工房で作られる「貝殻亭リゾート鍛鉄食材の森”語部達の食育ツアー」であり、市民農園と地産地消とプラス貝殻亭エッセンスが加わった「シェアファーム」でございます。
シェアファームの企画を練るのに、先日北海道富良野にあるファーム富田さんを訪問してきました。
トラクター
普段は、フルーツや野菜、米の生産農家の方々にお会いしていてなれているトラクターですが、フラワー農園でも同じものがあったのには、思わず写真を撮ってしまいました。
これ以外にも、軽トラックなどなじみの機械・機材がいっぱいあったのには、軽々しくも、自分の農園の周辺にもラベンダーやローズマリーなどを育てたいと思いました。
耕運機
耕運機は中型と小型があり、小型はたくさん並んでいました。やはりこれだけの面積を丁寧に耕すには、多くの人数で、少しずつ丁寧に行っていかなくてはいけないのかと影の苦労がうかがい知れ、感動しました。
とふけっていると、紫のエプロンをしたかわいらしい格好のアルバイトの方々が雪が降る前にやることがたくさんあるんだと畑に向かっていきました。
ラベンダー畑1
いよいよ、満開の季節は過ぎてしまった後の刈り込んだ状態のラベンダー畑です。きれいに整備されたファームは、ここに情熱を注ぎ込んでいる富田さんの性格をあらわしているようで、あったこともないのに、富田さんと会話をしている気にさえなりました。
貝殻亭で立ち上げる「シェアファーム」が食材の生産だけではなく、ファーム富田で感じた感動を伝えられる場所になるよう挑戦しようと決意した日でした。
次回は、その富田さんの熱きメッセージをご紹介します。

かってに貝殻亭ストリートと呼んでおります。


貝殻亭ストリート看板
おはようございます。
貝殻亭の看板にもうひとつ加わりました。
貝殻亭ストリートの案内看板です。
仏蘭西料理貝殻亭の横道を下るところに、洋菓子のお店ソレイユや、砥部焼きのお店山椒房、リゾートダイニングカフェ清祥庵とあまりにも目立たないため、急遽手作りで作りました。
ただ作るのではあまり情緒を感じませんので、看板の端に四角の木をつけることで重厚さを出し、真鍮文字を使用し高級感を出しました。
残念なのは、夜はあまり目立たないことぐらいです。

今は緑ですが、4月後半には、


なにわい薔薇
おはようございます。コメントありがとうございました。
貝殻亭は緑に囲まれて隔離されている反面どうも目立ちにくいようです。
3年前にオーナーが変わり、このようにブログをやったりと楽しくやっております。
さて、今日ご紹介は、フランス料理貝殻亭の屋根全体を覆いつくす”薔薇”です。ここ八千代には、京成バラ園があったりとほかより若干バラを感じることが多い街かと思います。
この薔薇は、「難波ばら」と申しまして、薔薇には珍しく、虫や病気に強い薔薇です。
4月中旬から1ヶ月ほど、満開に咲くさまは一見の価値があります。
ナニワイバラ幹
樹齢20年にもなると難波ばらの幹はこんなに太く!
そうそう、薔薇の満開の時期は、貝殻亭で難波ばらの苗が限定で配られます。この苗は他で買ったものではなく、私たちが選定し、育てた苗なんですよ。2年前からやっていますが、皆様の庭できれいな花を咲かせましたでしょうか?
今年も苗のプレゼント以外に写真コンテストなどイベントがあるそうです。HPでご覧ください。

新しい臨場感


貝殻亭リゾート看板計画?
今日、ご紹介のスケッチは、「貝殻亭リゾートの看板」についてです。
まだまだ、検討段階でありますが、今日はそんな頭の中をちょっとご紹介させていただきます。
会場でもないのに臨場感を演出できるものでしょうか?
=ホームシアターはひとつの良い例です。(音と映像を使った臨場感)
=ブログやHPもいい例です。(画像と文章を使ってあたかもそこにいるような)
看板を使って、会場に着く前から”あたかもそこにいる”を感じていただくために考えてみました。さらに+αで、臨場感から体感へと移り変わりを体験できます
●看板の設置場所の検討
皆様、貝殻亭リゾートにはどのように起こしになりますか?
→徒歩、自転車、車、電車、バス、(ヘリコプター??)
多くのお客様は、車で起こしになられます。
どのルートを使って起こしになられますか?
電車の方→京成or東葉勝田台駅からまっすぐ徒歩、タクシーで
車の方 →千葉北IC〜R16〜下市場陸橋〜R296〜勝田台北口交差点〜村上方面
多くのお客様は、R296をご利用いただいております。
このようにお客様のご来亭ルートと方法を良く考えて、以下のように看板を設置してみます。
貝殻亭リゾート内  :各店舗ごと特徴的な看板
R296と勝田台駅の間に:貝殻亭リゾート各店舗ののった看板
R16や千葉北IC、電車の場合も考えて、佐倉、八千代台、西船橋(ともに乗り換えのポイント)      :貝殻亭リゾートの象徴的な看板
を設置してみます。
すると、貝殻亭リゾートに近づくにつれ、看板の大きさと内容が変わっていきます。
最後にたどり着くと各店舗が特徴的な看板とともにお客様をお迎えいたします。といった具合です。
予算の関係などがありますし、通行量やスピードをだして通りすぎてしまいます場所でもしょうがないので、下調査が必要です。(後日、店舗の看板をご紹介いたします。)