人と人、心と心がつながる場所、機会を


花芽.JPG

クリスマスローズ.JPG
3月11日いつもと変わらぬ昼下がり、東北地方を記録史上最大の地震が襲いました。その直後30分とたたぬ間に津波が多数のはかない命、希望や夢、笑顔、幸せを奪っていきました。

被災地から届く映像を見ては同じ日本人として何かお役に立てないかと切に思う。原子炉の鎮火に命をかけて向かっている方々を大変誇りに思う。

日々開催される緊急経営者会議の中、総支配人の口から発された「我々も、地方の飲食店として何か出来きないのか?」で我に返った。

今日、各々が案を持ち寄った、その議論の中、1筋の光を感じた、不安に押し潰されそうな昨今、「老若男女、人と人が集まり、心に触れることができる、心温まる空間」それは教会にたとえられるのか、運営している施設を開放したいと心が1つになる。今現場スタッフ達が知恵を絞っている。

今日も真冬の厳しさが日本全土を覆う、必要なのは人と人の心がつながる温かさなのだと思う。

===写真===

厳しい寒さの中、自然界は春に向けて動き始めている。今年少なくとも花を咲かしてくれるであろう花芽が今まさに成長しだす。そして、クリスマスローズはこの寒さの中けなげに花を咲かしてくれている。