青森の紅葉と烏城焼

10月の終盤、東北青森は紅葉の旬を迎えつつあります。
10年来お付き合いのある青森県黒石にある日本最大規模の登り窯を所有する烏城焼の里に行ってまいりました。
貝殻亭リゾートの器に対するこだわりは、
ガラス食器は地元八千代に工場のある東洋ササキ硝子か、かねてからお付き合いある菅原硝子、
陶磁器は愛媛県にある砥部焼き、
土物の器には自然釉にこだわる烏城焼きと決めております。
その中でも、独特の個性を発揮し、同じ顔の食器が無いといえるのが、
人の手のコントロールが行き届かない登り窯、赤松の灰が釉薬となる烏城焼きです。
窯の規模は想像を絶する100メートル級、1回の焼きで数ヶ月、、
炎の赴くまま、何とかコントロールしようと努力をしながら焼きあげていく、
竜の如く炎は、灰を力強く吹き付ける、灰は模様を成し、その模様が厚みとなる。
よって積み重ねて保管するも均一にはいかない。
そんな個性、生命力溢れる食器の力を借りて、私達は料理を盛り提供しております。
 IMG_2777
IMG_2778
器に見える白い部分は釉薬の特に濃い部分、まるで鍾乳洞のような凹凸がお皿の表面に、
お皿とお皿を支えるのは赤貝の貝殻、所々溶岩のように灰が焼き固まったお皿もある。
本物をお客様にと考えておりますが、是非ともこの烏城焼きを使い盛り付けました料理を召し上がっていただけたらと存じます。
一度、烏城焼きを手にして、そのエネルギーを感じ取っていただけたらと存じます。
 IMG_2789
IMG_2803
青森の紅葉は今まさに進行中、色とりどりの中、1枚の葉の中で進む紅葉を抑えました。
1枚の葉の中で黄色から赤へと移り変わる。
IMG_2810
IMG_2818
弘前、黒石近隣には縄文時代の遺跡があります。
栗の木で作った塔。
 OLYMPUS DIGITAL CAMERA
先日とどいた烏城焼きの器にローストビーフを盛り付けました。
まだまだ烏城焼きにあわせた盛り付けの準備をしておりませんでしたが、実物はアッとするような迫力を帯びておりました。
IMG_2827
最後に、再来年にいよいよ現在構築中の100メートル級の登り窯に火をいれるそうです。
自然が生み出す模様、材質感、、今井先生の人生そのものといえる作品、、
貝殻亭でもそのお皿に料理を盛ってお披露目いたします。
 IMG_2828
本物にしかない重みを是非感じ取っていただきたいと存じます。