2014年を振り返り、2015年へ

2014年は恒例の貝殻亭正月ブッフェから始まりました。思えば、このブッフェも今ではお盆の時期とあわせて満席御礼となりますが、スタートした当初は7~8割の席が埋まるぐらいでした。2014年の年末は所属が清祥庵&ガーデンサロンとなりクリスマスと正月の時期に特別コースを組んだのですが、同じく6~7割の席が埋まるほど、来年2015年は満席になってくれると強く信じて、今一日一日のお客様に向かい取り組んでおります。

 

2014年の春4月、貝殻亭のチームの安定を見て、草笛の丘で委託運営をしておりましたガーデンサロンに入りました。一日700人を越すお客様に料理を提供するのですが、料理もかつてに比べて安定して提供できたと存じますが、私が入れた時期が、契約満了をむかえるまで3ヶ月という短期間だったのが悔やまれます。

 

そして2014年の初夏7月、貝殻亭リゾート内の清祥庵とガーデンサロンに入ります。メニュー1つ1つの再開発から新メニューの追加、プチデザート、スープ、ガロニチュール、、、その仕込みと調理のマニュアル化、当初4種類の料理は瞬く間に20種類以上へと増えました。厨房機能を強化し、整理整頓でスペースを作ります。振り返ればその成長っぷりにスタッフ達も驚いております、よくがむしゃらについてきてくれたと存じております。

 

何よりも、店に活気を与えてくださるお客様に感謝です。
その私達の最近の標語がその感謝をあらわしております。

「夜のお客様は、昼のリピーターのお客様。昼のお客様は、今日来るお客様の知人や家族の皆様」
実際、いままでかけていた宣伝広告費は1/4ほどまで圧縮しております。1ヶ月に3度、4度とお越しのお客様もおられます。都度、心から感謝しております。

 

その結果、ガーデンサロンは薬膳カレーとコンフィの専門カフェとなり、清祥庵はステーキとシーフードのグリルレストランと立派な成長を遂げました。

 

さて、大きく以上の3ステップを踏んできた2014年ですが、2015年においては、

 

一人でも多くの方々に、私どもが良しとする本物を提供したい、この気持ちは大変強く、抑えようが無いほどで、私自身の大変強い動機となっております。

よって、会社としては、清祥庵の夜の満席を機に、より多くのお客様をむかえる体制作りとして、その2号店目の準備に入る時期を向かえております。国内にて数店舗、運営し。私の力があるうちに海外で、同じ価値を提供して行きたいと存じております。

それでは、皆様2014年無事に最後までお過ごしください。そして、2015年も、充分やり遂げたといえる年となりますように。

 

 ①-1Bo innovation

① 香港の3つ星 Bo Innovation より
上海で飛行機が2時間ほど遅れて、ラストオーダーぎりぎりで到着したのを覚えております。

 

②Hongkong3星

 

② 香港の3つ星 より
今年であった料理で一番感動したのかも知れません。ニョッキのサラダ。

 

③principle

 

③ 香港 プリンシパル より
とても素敵な会食でした、世界を旅するシェフもいいし、

 

④Narisawa

 

④ 日本 ナリサワ より
5年ぶりほどでしょうか、料理人としては初。ナリサワさんの料理に向かう気持ちが伝わってきました

 

⑤Nahm

 

⑤ タイ Nahm より
美味しい、美味しいと頂きました、アジアNo1とうたわれるだけあると皆で納得しました

 

⑥Bolan

 

⑥ タイ Bolan より
こぶみかんをもってきてみせてくれました、ここも美味しい。タイは美食の国です。

 

⑦eskis

 

⑦ 日本 エスキス より
複雑に交わりあった味が印象でした

 

⑦Kempinski

 

⑧ タイ ケンピンスキのダイニング より
シグネチャーディッシュ カレー風味のムース

 

⑧ Siam

 

⑨ タイ サイアムのエグゼクティブシェフと
気さくなシェフがトゥクトゥクに乗せてくれました、一緒にマーケットへ

 

 

⑨Tipping

 

⑩ シンガポール ティッピングクラブ より
こちらスーシェフ、真剣勝負、本気で働くキッチンは本当に気持ちがいい

 

 

⑩Blgari

 

⑪ 日本 ブルガリ より
鱧料理を勉強しに京都へ、その前の一皿、ベストジェノベーゼです。

 

⑪Lemout

 

⑫ 台湾 Lemout より
アジアNo1の女性シェフのお店と言われます。とてもキュートなシェンさんが印象でした。