酒は百薬の長


片です。
寒い日、暖かい日が交互にやってきて、体調を崩しやすい今日この頃ですが皆様いかがお過ごしでしょうか?
貝殻亭では最近、風邪がはやっています。
僕は、昔からほとんど風邪を引かないのですが、このところあまり調子が良くありません。
フランスではこんなとき、ヴァン・ショー(ホットワイン)を飲むそうです。
日本では玉子酒といったところでしょうか。
赤ワインに、オレンジピールや蜂蜜、シナモン・丁子などのスパイスを入れて暖めたものです。加熱の加減でアルコールも飛び、とても飲みやすくお酒の苦手な方でも、美味しく飲めるはずです。
ちなみに僕はこんなとき、しこたまワインを飲んで、締めくくりにワンカップ酒をレンジで熱々にしたものをぐっと飲み干して、野菜ジュースと、ミネラルウォーターをがぶ飲みして寝ます。
すると、次の日スッキリします。若干の頭痛が残りますが・・・。
でも一番いいのは、規則正しい生活をして風邪を引かないことですよね。うんうん。

インフルエンザ


片です。
今日、うちのラモス(厨房篠原)の友人夫婦が来店してくださいました。
ラモスの友人は、女性でその旦那さんはイギリスの方でした。
フランスの滞在が長かったらしく、「フランス料理が食べたい!」とおもっていたところ、たまたま近所に知人の勤める貝殻亭があったという運び。
シェフ自信の仔羊のローストマスタードソースに感激!して頂きました。
ワインは、アンジューブラン(フランス、ロワール地方)を痛く気に入っていただいたようで、飲み終わったボトルをそのままお持ち帰りになりました。
「ナイスチョイス」「ナイスチョイス」
注ぎ足しに行くたびに連呼してくださいました。
食事が終わるころには、英語とフランス語と日本語が入り混じって大盛り上がり。
英会話ができたらもっとたのしかったのになぁ。

水曜担当の寺本です。


2月14日はそうバレンタインでしたね。自分は、貝殻亭御一同様から頂きました。肝心の嫁はというと、手作りチョコをと考えてくれてたらしいのですが、忙しくて作れなかったそうです。そうやってだんだんと忘れ去られていくのですね・・・。お父さんは悲しいですね。

バレンタイン


明日はバレンタインデーですね。
貝殻亭は火曜日の定休となりますが、お隣のソレイユはもちろん営業してます。
最近津田沼パルコにも出張店を出しているみたいで、安藤シェフはてんてこ舞いのようです。
貝殻亭に来る回数も激減?!してます。
ところでバレンタインデーの日って、なんだかそわそわしちゃいますよね。
いくつもらえるかなぁなんてちょっと期待しちゃうみたいな。
儚い夢は膨らんで、もはや妄想の域に達したりして。
ま、当日の夜あっという間に厳しい現実に引き戻されへこんだりするんですけど・・・・。
挙句にお返しにお金かからないからいーやなんて開き直ったりして。
毎年そんなしょーもないこと考えてる片でした。

2月4日三味線大盛況でした。


2月4日に開催しました、津軽三味線ですが、満席+大盛況で閉めさせて頂きました、どうもありがとうございました。小山先生のほうは、すばらしいテクニックで魅了して頂きました、ひろはら先生はパワフルな演奏をして頂きました。
お客様も後半は立ち上がって手拍子と掛け声などで盛り上がって頂きました。
本当に企画してよかったと思いました。