キノコ?

貝殻亭にはあらゆるところにガレのランプを飾っています。

エミールガレとは一体どなた?という方

1846年5月4日、フランスの東部ナンシーにて生まれる。
父のシャルル・ガレはオリジナルブランドのガラス器や陶器の卸売り業者。
エミールガレは若いころから、1878年から父親の会社の経営を引き継ぎ、ガラス器・陶器等の製造販売を開始。
1878年パリ万国博覧会にて、陶器とガラス部門で銅メダルを受賞。
1886年、家具製造部門を設立。
1889年、パリ万国博覧会でガラス部門においてグランプリ受賞、陶器部門で金賞、家具部門で銀賞を受賞
1894年、エミールガレはナンシーに本格的なガラスの窯を設置、自社内での一貫生産が始まる。
1900年、パリ万国博覧会に多数のガレ製品を出品。
ガレ・クリスタルの社長として、又アール・ヌーボー・ナンシー派の指導者として活躍し、芸術と産業の融合を理想にかかげ、手作りの良さを残した優美なガラス器の製造を工業化し、300人の職人が工場で分業生産を実施しました。
1904年9月23日、エミール・ガレは白血病で死亡。
以後、ガレの親族が会社を継承し、多くのガレブランドの製品を生産いたしました。
エミールガレを知らない人でも、一度は彼の製品または、その流れを継いだガラス製品を一度は見ているはずです。

自然を愛したガレの作品には草花動物をあしらった作品がおおく
それが日本人に深く愛される理由だといわれています。

もちろん貝殻亭にあるものはすべて復刻版。
このキノコもそうです。

キノコ
このランプ貝殻亭だから似合うものであって
他ではどう飾っていいか迷ってしまいそうですよね。
最初見たときはびっくりしましたが
慣れてしまうと前からそこにあったかのように
感じられるほど貝殻亭の一部となっています。