★☆HALLOWEEN 恐怖の晩餐会 in貝殻亭★☆


2016年10月29日土曜日

 

お化けが仏蘭西料理貝殻亭に集まります・・・。

 

 

12193304_1099149610096537_5636238617790187306_n 12109228_1099149653429866_3337859779482439973_n 11026212_1099149783429853_1365002036175059655_n 12191687_1099149730096525_4346942538226526926_n 12190862_1099149746763190_454003672893281480_n

 

 

・・・メニュー・・・

血のソーセージ ブーダンノアール

棺の中は・・・ホタテとサーモン キノコのパイ包み

蜘蛛の巣 かぼちゃのポタージュ フォアグラのラヴィオリを浮かべて

スペイン産子豚の丸焼き 焼き林檎とキャベツのエチュベ

モンブラン ハロウィン風 綿あめ コウモリチョコ

丸山コーヒー

・・・

 

【HALLOWEEN 恐怖の晩餐会 in貝殻亭】

2016年10月29日土曜日

受付17時30分

開始18時

場所 貝殻亭 10000円(税サ込)

※小学3年生以下のお子様は3000円

恐怖のフルコース&恐怖のドリンク

おいしいワインから恐ろしいカクテルなど・・・

※当日はお着替え用のお部屋もご準備しております。

 

ご予約はこちらまで

047-484-0711

 

貝殻亭リゾート&ガーデン

http://www.gpi-group.co.jp/kaigaratei/

 

mail:info@gpi-group.co.jp

貝殻亭 047−484-0711

ソレイユ047-484-1717

山椒房 047-484-9638

清祥庵 047-484-1555

ガーデンサロン047-409-2040

清祥庵佐倉店043-483-5570

 

貝殻亭通信9月号


ようやく涼しくなってまいりましたね。

秋をすぐ近くに感じる今日この頃~。

休みの日は家でごろごろ~。(韻を踏んでます)

けんもつですm(   )m

 

今日は貝殻亭のロングテーブルのお話。

 

 

貝殻亭入口を過ぎるとひときわ目につくのが、

そう、大きなロングテーブル。

厚さ15センチ、幅1メートル、長さ9メートル。まさに国宝級!!!

木の名前は「ブビンガ」。アフリカはカメルーンの堅い大木です。

 

そこに羅針盤が埋め込んでしまうあたり、

オーナーのセンスと遊び心を感じます。

(今は取り外してありますが・・・)

 

貝殻亭はこのロングテーブルを主役に設計されております。

テーブルを入れてから建物を作ったのは有名な話。

オープン当初36年前は沢山の著名人もこのテーブルにムムッ!と感じたそうで、

牧伸二、三輪明宏、野村佐知代さんなどもよくいらっしゃったんですって。

 

特に芸術家・岡本太郎は

何度も貝殻亭に通っては

オーナーに「ちょうだい!ちょうだ い!」

しつこかったそうです(笑)

 

もし譲っていたらどうなっていたんでしょうね。

 

大阪万博の太陽の塔よりもすばらしい作品が出来ちゃったかもですね。

アンデルセン公園にそのまま刺さってたかもしれませんね。

 

ちなみに、まかないは毎日

このロングテーブルでキッチンとホールスタッフが向かい

合わせて食べています。

 

贅沢ですよね。

毎日が晩餐会気分。

しかも、けんもつはいつも羅針盤前の太郎シートです。

 

そのおかげでわたくしにもアーティスティックな能力が備わっているのは皆さんご存知の通り。

(生意気すみませんm(_ _)m)

 

貝殻亭は爆発だ!!!

 

ということで、太郎シートに座りたい方、

お気軽にスタッフまでお声掛けください!

 

 

こちらは平成28年8月27日にメールマガジンとして配信されたものです。

特典付きメールマガジンのご登録はこちらから☆

http://www.gpi-group.co.jp/resort/contact/inquiry.html

貝殻亭リゾートからのお知らせ「要」にチェックを入れてくださいね☆

 

貝殻亭リゾート&ガーデン

http://www.gpi-group.co.jp/kaigaratei/

 

mail:info@gpi-group.co.jp

貝殻亭 047−484-0711

ソレイユ047-484-1717

山椒房 047-484-9638

清祥庵 047-484-1555

ガーデンサロン047-409-2040

清祥庵佐倉店043-483-5570

 

 

 

貝殻亭通信8月号


皆さま、こんにちは。マネージャーの監物です。

毎回、身勝手に書きたい事を書かせて頂き大変恐縮ですが、

今回は貝殻亭の建物について。

 

仏蘭西料理 貝殻亭は皆さんご存知の通り、

純白のナニワイバラが覆う合掌造りで出来ております。

築300~350年と言われておりますので

遡ると江戸時代ということになりますね。

そもそもは習志野にあったものを移築したそうで・・・

(白川郷から運んで来たと思っていました)

大昔の市長さんのご自宅だったとか・・・。(デカッ)

 

釘を一本も使わず建てられているなんてアンビリバボーですが

日本建築の素晴らしさを感じますね。

高い天井を見上げると

「うだつが上がらない」でお馴染みの「うだつ」も良く見えます。

※「うだつ」とは諸説ありますが、

屋根を支える「梁(はり)」と屋根の骨組みの1番高い所に使う

「棟木(むなぎ)」の間に立てる柱の事だそうです。

 

今一つ出世や成功者、お金持ちになれない人をこう表現しておりますが、

私自身そろそろ、うだつを上げたいものです!(キリッ)

とにかく開放感たっぷりで、な~んか落ち着きます。

奥のキャビンルームよりもこちらの席を好む方の気持ちもわかりますね。

 

1つ大変なのが掃除です。

年に2回の大掃除。

ハシゴに登り長いほうきを使ってすす払いをするのですが、

これまた高いんです。

怖いんです。

危ないんです。

マネージャーとしてはスタッフの手前、

率先してより高いところを担当するのですが、

ハシゴの上でガクガクブルブルする姿を笑われております。

そして2日後に内股が筋肉痛。(1週間くらいアウチ!)

そしてまた今年もそろそろ恐怖の大掃除デーが近づいてまいりました。(Wow!)

簡単ににすす払いできるアイデア、何かありますかね?

 

 

こちらは平成28年7月28日配信のメールマガジンの内容です

特典付きメールマガジンのご登録はこちらからどうぞ☆

http://www.gpi-group.co.jp/resort/contact/inquiry.html

貝殻亭リゾートからのお知らせ「要」をチェックしてください☆

 

 

貝殻亭リゾート&ガーデン

http://www.gpi-group.co.jp/kaigaratei/

 

mail:info@gpi-group.co.jp

貝殻亭 047−484-0711

ソレイユ047-484-1717

山椒房 047-484-9638

清祥庵 047-484-1555

ガーデンサロン047-409-2040

清祥庵佐倉店043-483-5570