ソウルフレンド


ソウルフレンドと呼べる人は、滅多にいない。
ダンとダリアはまさにそんなカップルだ。ダンはベル研でプラズマとX線とレーザの研究に従事し、ダリアは大学で量子物理学を教えた科学者夫婦だ。二人とも建国間もないイスラエルに生まれ中東戦争にも従軍した。イスラエルとヨルダンを分かつ死海のほとりのマサダ砦を訪れた時、新兵を向かいいれる準備の光景に出くわした。赤々と燃える松明に照らし出された頂上から400メートル下に、包囲網を敷いたローマ軍の陣地あとが夕闇に白く浮き上がる。陥落の屈辱より自決を選んだユダヤ民族の亡国の嘆きが聞こえるようだ。新兵ははためく国旗のもと「Masada shall never fall again」と固く誓うとのことだ。ダンとダリアに何時も感じる「誇り」は長い流浪の年月にも、決して色あせぬユダヤ民族と国家への帰依と繁栄を願う心と感じられる。
日本は世界最古の王制(天皇制)を敷く国だ。諸説あるが初代天皇は神武天皇で建国は紀元前660年である。その建国の日211日がまもなくだ。
戦後の米軍の占領下、紀元節は意図的に軽視されてきた節がある。日本人と国家のルーツに思いを馳せない、それらの人あって今日の自分がいることを感謝しない民族の未来はどうなるのだろうか。ダンとダリアは私に日本人の誇りを気付かせてくれた魂の友である。

 

 

Wanted !! 旬の政治家


Wanted!! 「旬の政治家」  2013・2・05

食材には「旬」がある。美味いのに加えて、季節を少しばかり先取りする事とその移り変わりも楽しめる。その点日本のように四季のはっきりしたところに住む者は幸運だ。

しかし、よく考えると「旬」という概念は実にあいまいだ。必ずしも春夏秋冬の季節にとらわれない定義もあっていい。 「ちょっと早いけど、これからが飲み頃なのよ」と言って10年もののワインが出てくる。これも拡大解釈すれば、「旬のワイン」と言っても差し支えない。

食から遠く離れた政治家の「いい、悪い」から、「旬」の話になった。

ここでも旬の定義がしばしの議論になったが、経験と実績を重ね、国のリーダーとしての素養と自覚を持ち、仕事がバリバリこなせるような政治家が「旬な政治家」という事に落ち着いた。

其れはちょうど10年ものワインの「旬」に通じるものだ。

ただ、日本の実情を見ると、ボジョレ?ヌーボーの様な早飲みワイン的「○○○チルドレン」や、賞味期限切れした政治屋家業の「△△代目」政治家が目につき、将来展望を語り未来を託したい「旬」の政治家が手薄に見える。

世界が激変しているこの時代に、2000年以降からだけでも、日本丸の船長(総理大臣)が13回も変わるという事態はとてもまともではない。

こんな短い就任期間の中で、波荒い岩礁地帯を乗り切るなんて至難の業だ。

ましてやどこの港を目指すかの展望も示さず、国民を奮い立たすことなんかできない。しかもこの間の、総理就任の平均年齢が61歳で、明治維新の立役者たちの平均年齢28?30歳と比べると、当時の寿命を考慮してもかなり高い。

ちなみに三国志の英雄、劉備・関羽・張飛、たちは20歳代前半、超大国アメリカの大統領のケネディ就任時の43歳と比べても大きな差である。

変化を恐れ、拒みつづける日本社会で、リーダーの若返りがなかなか起こらない。これは日本全体が落ち込んだ、世代にまたがる「幼児化」の結果ではないだろうか? 今日も、ワイドショウ化したニュース番組で、居並ぶ知ったかぶりの素人コメンテーターの空疎な言葉が聞こえてくる。経済界を代表するという変革をリードできなかったお年寄りの声が聞こえてくる。

若ものよ覇をとなえよ! 年配者よ気力・体力ある間は働き続けよう! 変革は自分から起こそう! みんな 今が「旬」だ !!