本州横断 フォッサマグナの起点を訪ねる

友人を訪ねる4泊5日の、

金谷(千葉)~蓼科(長野)~糸魚川(新潟)の本州横断旅行

 

Day -1: うぐいすが鳴きかわす高原レストランで

ブランチ ドライブの緊張が解けていく Late afternoon

ギャラリーオーナー夫妻と久しぶりの「守破離談義」

標高1800mは脳にも良いか?

話が弾む ディナーは1000m下ったお気に入りの「ガムラスタン」

ストックホルムのアクアビッツが晩餐の始まり

 

Day-2:早朝蓼科を発ち郷里を目指す。

いつもそうだが、近づくにつれ昔の思い出が次々浮かび上がる。

半世紀も前に故郷を出たのに、

すっかり風景が変わったのに、

必ず訪れる場所が東西10キロぐらいに点在する。

川や森や海岸に神社など数十か所。

犬のマーキングではカッコ悪いので、

ライオンがテリトリーを見回るのに似ているのだと思う

理由はないがいつもそうしている。

将来のことはわからないが来れる間はそうするに違いない。

 

Day3:鶏がなく前に海に出る。

狙うは「のどぐろ」釣果はすばらしい!

FBにアップするのは最後に止めた。

釣り師が殺到しかねないので。

というより「ケチな性格は治らない」。

午後友人のH夫妻を迎える。

H氏はオートバイの「Kawasaki」を世界ブランドにした人、

BMWを難しい日本市場で成功させた人、

自動車の殿堂入りを数年前に果たした人、

そして何より「愛国の士」でもある。

未来を語る眼光は鋭い

山海の珍味 文句なしに美味い

Outstanding!

でも、会話はいつでも「真剣勝負」

 

Day4:イトヨ(糸魚)が地名の糸魚川

北アルプスの山塊を源流とする美しい、

しかしかっては暴れ川だった河川がいくつも日本海に注ぎ込む糸魚川。

H夫妻の俄かガイドを買って出る。

実家から15分ほどの天下の険「親知らず(子知らず)」視察

北アルプスの山塊が日本海に沈む崖の足元、

かっての旅人は波の寄せ引きの間隙をぬってわたっていった。

どちらかが波にさらわれても助ける術がなかったことから

「親知らず」と呼ばれるようになった。

80メートルのがけに沿った長い下り階段。

かって勾玉は中国産と思われていたが、

どっこい、わが故郷から硬玉の原料「翡翠」やその加工場が見つかるに至る。

縄文人の遺跡はあちらにもこちらにもあるらしい。

最後は活火山「焼山」の麓の笹倉温泉で「いいゆだな~」

 

Day-5:懐かしい関東 でも暑い