グラミ―賞受賞に見る「運」

奇遇な縁で、

音楽の世界で「グラミー賞受賞」を目指している人、

受賞した人両方にお会いすることができた。

 

一番初めはYMOの「坂本龍一」氏だ。

広尾の小さな懐石料理屋の小部屋で二時間ほどいろんなことを話した。

グラミー受賞(1989年)の数年あとだったと記憶しているが、

想像していたミュージシャンのそれとは違う落ち着きと不思議なオーラがあった。

彼は半導体素子とソフトの塊であるPC の技術の進化に興味があって、

盛んに質問を投げかけてきた。

 

大型コンピューターからPCへのダウンサイジング始まるPC 時代の幕開けのタイミングでもあった。

坂本氏は語らなかったが、

音楽領域へのPCによって可能となる最先端技術の取り込みを考えていることがよく分かった。

 
次いで4年ほど前になるが、

お会いしたのがロスから活動拠点を日本に移した「サウンドエンジニア」ご夫妻だ。

 

もともと「音を作ったり加工」する仕事は、

設備産業ともとれるほどの設備投資とプロフェッショナル(職人/アーティスト)が要求される領域でもあり、

その道で世界の一流を目指すのには環境の整った米国で経験を積むのが順当な選択枝でもあった。

然しこの世界にも技術革新の波が押し寄せ大型の機器は次々と、

進化したPCにとってかわった。

この技術進化は、ご夫婦の活動拠点の移動を可能にした。

米国で培った経験と実績は、リターンももたらした。

事実驚くほど多くの有名なアーティストの編曲を手掛けている。

 

ご夫妻の夢は「グラミー受賞」である。

私にも彼らがグラミー受賞の有資格者だということはわかる。

ただPCを駆使すればできるという技術革新がもたらした「コモディティ化」は、

彼らの手からグラミーを引き離しているように見える。

彼らは「グラミー」を諦めてはいない。

遠のくグラミーを追ってオランダに拠点を移す。

 

音のエンジニアリングから光や映像まで含む総合エンジニアリングで

先行するヨーロッパで勝負しようとしているようだ。

 

 
昨夜、2014年にグラミー賞受賞したサックスフォン奏者佐藤洋祐氏をお招きし

お話と演奏を聴く機会があった。

演奏も歌も素晴らしかった。

夏の宵に相応しい時間だった。

 

面白いことに、同氏にとってグラミーはいろんな恩恵を得たものの「バイプロダクト(副産物)」であって、

JAZZの道にのめりこんできた動機ではなかったというコメントである。

有名なボーカル(グレゴリー・ポーター)率いるバンドの一人として受賞した故の感想に違いない。

魂触れる自分のバンドを持ち高みを目指したいという

熱い想いが言外にあふれていた。

 

今度は自分のバンドでグラミーを狙っていると私はかってに解釈した。

三人のアーティストから学ぶことは「運」の大切さである。

中でも人の出会いとその際の身の処し方が、その後の人生に

大きく影響するということである。