リンク忘れました。


西岡工房「バスケット流れ星」
そうそう、昨日ご紹介した、佐倉市のとっても美味しい地ビールを作るお店のリンクです。一度、訪れてみてください!ついで先ほどの猪口に続き、西岡工房さんのバスケット”流れ星”これならクリスマスイブにも多少会うでしょうか、お起きは手のひらサイズでバスケットといっても砥部焼なので結構重いです。実際は花を生けたり、文具立てとして使用したりといった感じです。イタリアンなんかではパスタを揚げてこのバスケットに入れたりすると和洋折衷な雰囲気を出せます。

クリスマスに蕎麦猪口


西岡工房「そば猪口白金彩」
2005年の年末は、西岡工房さんの作品紹介が続いております。ブログを立ち上げて早2ヶ月がたとうとしております。マニアックなブログなので日々の訪問者の方々は10人未満!!気長に紹介し続けるぞと意気込みます。今日は、蕎麦猪口”白金彩”というデザインです。蕎麦猪口の用途は結構幅広く、家では夏は蕎麦汁を入れるお猪口として、出番の少ない冬は緑茶を飲むカップとして利用しています。それにしてもクリスマス(今日はイブですね)にお猪口の紹介が来るとは自分でも不思議な感覚です。それでは、みなさまよいメリークリスマスを

砥部のタンブラー!?


西岡工房「タンブラー馬に蛍」
砥部焼のタンブラー!!です。作品名は”馬に蛍”なんともかわいらしいこの名前、タンブラーですからきんきんに冷やしてビールを注ぐ?ビールといえば山椒房は千葉県八千代市、八千代市と佐倉市の境にありまして、隣の町「志津」は佐倉市です。この佐倉には有名な地ビールがあります。その地ビールを作られている方の注文でデザインした作品もあるんですよ「麦とホップ」模様の大皿でした。確か限定50枚ぐらいでもっている方は幸運ですね

目玉と申します


西岡工房「大筒目玉」
さて、西岡工房さんの筒シリーズ3連発はいかがだったでしょうか?こちらは最後の作品(今のところ紹介できる)”目玉”と呼んでいます。西岡さんに製作依頼の際も大筒の目玉を、、、なんてやり取りいたします。いよいよ明日から3連休の方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?山椒房はやっていますので散歩がてら実物をみにいらしてください。同エリア内の貝殻亭清祥庵ソレイユはクリスマス真っ盛り、夜は夜でイルミネーションコンテストの期限も近づいてきております。お立ち寄りください。そうそう、山椒房のオフィシャルHPは更新中ですがあるのをご存知でしたか?一度こちらもお立ち寄りください。