お客様へのハガキ発送


さんきらい
DM製作中
みなさん、こんにちは
先週末に、山椒房のお客様へ発送したお知らせのはがき。一枚一枚手作業でシールをはりました。無事に届いたのだろうか?
今回、ある程度抽選にて発送させていたので、届いていない方もいらっしゃると思います。お知らせの内容は「山椒房の夏の贈り物」です。
お中元や大切な方への贈り物として砥部焼はいかがですか?という内容です。
ちなみに、今、新しいホームページを作成しているんです。恐らく来週中には完成してアップされると思います。どんどん雰囲気を良くしていきますのでお楽しみに!
●●●今日の砥部焼●●●
梅野青興陶園 山帰来(さんきらい)の箸置き
クリスマスの時にリースについている”赤い実”がなる植物です。猿捕茨(さるとりいばら)とも言います。西日本では、かしわ餅のかしわの代わりに餅を包むこともあります。そのほか、漢方としも有名ですよ。

今日は本格的な雨


青達カメ
皆さん、こんにちは。
今朝、雨が降っていなかったので、元気よく自転車をこいできた者です。
今日は、梅雨入りして初めて本格的な雨になった気がします。こんな天候の日は4月の砥部町のへ行ったときを思い出すんです。砥部町はもちろん、愛媛県も初めてだったのです。今でこそ流暢(?)に標準語を話す私ですが、出身は関西なのです。こっちから行くより半分以下の時間でいけてしまう距離なのですが、まったく行く機会がなかったんです。
それもこれも、千葉で砥部焼に出会ったからだと思うんです。砥部町からどんどん離れて出会うなんて不思議な話ですね!
砥部町に行った時も雨降りで、ご挨拶に行った窯元さんのところにいたのが、このカメ。雨降りの中、このカメを見守ることしかできなかった。(たしか、室内にいたような気もするし、カメは水が平気だったような・・・)
ともあれ、砥部焼のこういった作品は私にとっては興味深いんです。
砥部焼は文化価値も高く、歴史も230年ほどあるのに、こういった愛嬌のある作品も作るんだなーと思うと不思議です。でも、こういった所が砥部焼の魅力の一つだと思います。
山椒房にもこういった、作品はいくつかあります。鶏、ふくろうなど、まだまだ違った癒し系の作品がありますので、お疲れの時には是非、見に来てくださいね!
●●●今日の砥部焼●●●
青達窯 カメ
私のお気に入り作品の一つです。

今日の山椒房=貝殻亭リゾートは


池本窯 長屋
皆さん、おはようございます。
今日はいよいよ、ワールドカップ日本初戦ですね。今夜10:00頃からスポーツバーでやTVの前では盛り上がるんでしょうね~。我が山椒房でも熱狂的なサッカーファンがいます。山椒房だけではなく、この貝殻亭リゾートには何人か熱狂的ファンがいるので、定休日明けの水曜にはその話題が飛びあうことになるんでしょうね。(私はその話題についていけへんのですけど・・・) 貝殻亭でもどうやら、今日は宝塚イベントがあるそうで、盛り上がってます。
ともあれ、山椒房にはワールドカップはあんまり関係ないんで、山椒房は平穏な日々ですが、今日も砥部焼を精一杯応援していきます!皆様も是非、砥部焼を応援してください。
いよいよ、関東も入梅して雨の日が多いとは思いますが、雨の日に山椒房にお越しいただく際はご注意ください。入り口付近がかなりすべるんです。近々、山椒房スタッフ総出でブラッシングをするんですが、念のためにご注意を。
砥部焼につゆ草という柄がありますが、季節に合わせて柄を変えて楽しむのもいいですね。そんな色々な柄をもっと増やしていこうと思いますので宜しくお願いします!
●●●今日の砥部焼●●●
池本窯さんの作品で”長屋”。

いよいよ、山椒房のブログが再出発


梅ノ瀬へんこう花瓶タコカラクサ
皆様、おはようございます。
長い間、ブログを更新していませんでしたが(4日ですけど)、今日から更新していきますのでどーぞ宜しくお願いいたします。新メンバー、砥部焼の店「山椒房」のヒゲ男(昨日、剃って今はツルツルです)が更新していきます。
今日は再スタートだというのにあいにくの雨。どうやら祝福されていないようですが、気にせず書き込みます。
山椒房の砥部焼全種も4日間かけて撮影していただき、カメラマン泣かせなこともしましたが、その苦労を水の泡に変えないように、どんどん山椒房公式HPにアップしていく予定ですので、そっちも是非見てくださいね。
歴史マニアの僕にとって、砥部焼の歴史や砥部町の歴史も興味深々なのでそのあたりについても、これから紹介していければと思います。
もうすぐ、お中元の季節。山椒房からも人気の砥部焼をギフトセットにしてご用意しますので、そちらもお楽しみに!
豆情報ですが、山椒房の横に以前、このブログでも紹介された貝殻亭リゾートのおかん(!?)が行うブティック25が復活する予定です。一つ屋根の下ですので、こちらも宜しく願いします!
●●●今日の砥部焼●●●
ウメノ青興陶園タコカラクサ
個人的にお気に入りの柄の一つ。焼き物の柄としても人気で唐草の模様がタコの足に見えることから名前が付いたそうです。

新メンバーのご報告です


新メンバー
皆様、おはようございます。
ここ山椒房周辺でも気候が夏への脱皮をしているようです。1週間の中に夏の日や春の日が入り乱れ、中には、昼は太陽の照りが厳しい夏で夜になると肌寒い春と1日の中でも繰り返されます。
さてご報告は、山椒房店主佐藤さんが体調を崩し療養生活にはいりました。数十日に及ぶ引継ぎの中、新しい仲間が確定しましたのでご報告です。
左に位置しますのが「村中さん」
・・・不精髭がトレンドマークの若大将です。2、3日でレジを覚え、包装の仕方もインターネットを駆使してアッというまに覚えてしまいました。積極的に砥部の良さ「一生物の価値」を普及させていく斬り込み隊長となります。
真ん中におりますが「村上さん」
・・・村上さんがいなかったら引継ぎができなかったというぐらいの現場監督リーダーです。砥部に対する思いは私たちのモチベーションを上げてくれます。現場のことは完全に任せられる頼もしい仲間です。
右にいちしますのが「マダム」
・・・貝殻亭リゾートの名物おばちゃんといったら怒られますが、独特の動きは見るものの心をつかんで離しません。作品のレイアウトや売れ筋商品を見抜く力は、お世辞でなくてもピカイチのものを持っています。買出しの時期限定のリーダー?です。
と、個性豊かな信頼できる仲間が佐藤さんの熱い思いを受け継いで砥部焼き・文化・歴史を普及してまいります。
ご愛顧いただくお客様、窯元の皆様これからも元気な山椒房の応援どうぞよろしくお願い申し上げます。
ひとし窯 向付 線文
●●●今日の砥部焼き●●●
ひとし窯さん 向付 線文