少し趣を変えて・・・


s-DSC_0596.jpg
店内のほとんどは砥部焼でいっぱいですが、奥の一角にライトアップされた棚には、ガラス製品が置かれてあります。今回はちょっとその紹介をしたいと思います。

九十九里にある菅原工芸硝子の製品で、すべて職人さんのてによって、ひとつずつ作っているそうで4000種類以上のオリジナルデザインがあるそうです。

グラスをはじめ、キャンディーボックスや一輪差しなど美しい色やデザインに目を奪われますね。

花びらやハートをかたどったものもあって、これもまた可愛らしくステキです。

2月に東京ドームで開催されたテーブルウェア・フェスティバルにも出品されていましたが、洗練されたセンスの良さがとても素晴らしかったです

s-格子深皿.jpg
貝殻亭のウェディングの引出物にもよくグラス2ケセットが使われますが、ちょっとした贈り物に最適ですよ。

またソレイユのカフェや清祥庵でもいろいろ使われていますので、ちょっと注意して見てみて下さい。