スタッフ紹介★ミセス・平


写真がなくて残念です・・★当店は名札がないので分からないかもしれませんが、
平さんの紹介です
好物はマカロンです一時期は毎日マカロンを帰りの電車で食べてるほどでした。一番のお気に入りは
ピンク色は幸せの色のマカロンフランボワーズお客様からも一番の人気をいただいております!!!
そんな平さんはしっかりしていてお姉さん的な存在★職場を明るくしてくれます♪カフェで私がレモンを上手に切れないので困っているとレモンスライスを得意げに!?披露してくれました★★これからも明るい笑顔をソレイユに振りまいてください!

マイ フェイバリット。。。


階段
雪

太陽

こんにちは★今日はソレイユの中でお気に入りな物を載せてみました。素敵な螺旋(らせん)階段は大好きで降りる時にお菓子の焼き上がる香りに包まれてる感じまさに気分はお菓子の国のお姫様時折カフェで忙しいと踏み外してドキドキしちゃいますが。。。
正面玄関、サイド玄関、厨房ドアのデザインも好きです。それぞれ季節、コートダジュールの草花、キッチンをテーマに鉄職人の西田さんがソレイユ用に作成してくれたものです。その中で好きなデザインを載せます
余談ですが厨房ドアのカタツムリのデザイン(なかなか知らないかも知れませんが)シェフパティシエ安藤さんが出入りするとき、たま〜にコックコートにひっかかってる事があるんです!!!まさにその姿は一人コント(笑)さすがにシェフも苦笑いな一面でした★
ソレイユはケーキにもお店にも素敵だと思う事がたくさんあります

伝統菓子


伝統1
伝統2

肉まん

ソレイユは焼き菓子の種類もバリエーション豊か♪中でもショーケースの上で並んでいるお菓子たちは常温でも持ち運べるし翌日にオーブントースターで温めてもおいしく食べれるので人気なんですよ値段は220円〜カフェでも召し上がれるので是非お試しください
今日はパティシエ永井が大きな大きな肉まんを一人で丸かじりしてました。。。。。
というのは見間違いで、土・日限定クロワッサンの生地を醗酵させるための大事な仕事をしているところでした★★

ポム


pomutarutotatann

ポムとは仏語でリンゴといいます。ソレイユに入って単語程度ですが覚えられるようになりました・・・という事で今日はリンゴをメインにしてみました!!まずはタルトポム=リンゴのタルトです☆薄めのタルト生地にスライスしたリンゴを綺麗に並べて焼き上げる。
「シンプルだけど素材を最大限に引き出せているお菓子ね。」と、昨日真剣に作業をしすぎてバーナーで大事な前髪をチリチリにしてしまったパティシエール烏山が熱く語ってくれました。
さて、次に紹介しますのはタルトタタン(一日8個限定)ケーキです☆ホテルタタンのタタン姉妹がリンゴのタルトを作っていた時、慌ててリンゴと生地を逆にして焼いてしまった・・・。これがおいしく、評判となり有名になったことからこの名前がついたそうです
ソレイユではリンゴを砂糖とバターと一緒にオーブンで7時間程焼きます。まさにその食感はお寿司でいうトロに似ていて口の中でとろける上品なお味でございますっ!
一つのタルトタタンに使うリンゴは1.5個分だそうそうです。ちなみにシェフの気まぐれで作ったホールのタルトタタンには7個分のリンゴが使われてるそうです★☆

2つのリンゴのタルト。是非お試しください

パティシエ中村さんの一面


tabetaina
nagai

☆ソレイユのパティシエの仕事姿です真剣な表情は素敵です!!バレンタイン用のチョコを慎重にきったり、焼き上がりのタルトを念入りにチェックしたりと皆さん仕事中は真面目・・・!!!?って一人指くわえて食べたそうにしてるパティシエ中村さんを発見中村さんといえば、この前なかなか笑えないギャグでお馴染みですね〜。
ソレイユスタッフは愉快な仲間たちで成り立ってる!?
な〜んてガラス越しで観察してる私でした(@_@)
バレンタインのお知らせがいっぱいのソレイユ通信vol.2がそろそろ発行できそうです☆