なぜパティシエの道を選んだのか。。。

ながい1
〜夢追い職人〜 永井 昌史
元々「物を作る」事が小さい頃から好きだったので将来、職人になると決めていました。その中でパティシエという職業を選んだのは「ケーキが好き」だったからです。
意外と単純な理由で自分の職業って決まるもんだと最近よく思います。
色々と厳しい世界ですが、それでも尚、作ることを楽しいと思わせてくれるところが
「パティシエ」という職業の魅力の一つであり、またそれが今パティシエを続けている自分の原動力です。
一流のシェフパティシエを目標に毎日の積み重ねを大切にしています。
そして子供が喜んで食べれるような伝統的なフランス菓子を出すお店を持つ事が
僕の夢です!!!
そんな永井さんの仕事姿は写真からも真剣さが伝わってきます。
休憩中は終始、笑顔で話をしてくれます。ケーキやお店のディスプレイなど
多方面の知識が豊富なので永井さんから教わることも多いです。
夢を追いかけて現実にしてください