新商品紹介

皆さん、こんばんは!

すっかり暖かくなり、ソレイユの近所の桜たちも7分咲きくらいでしょうか。

 

私は軽度ですが花粉症なので、毎日鼻がムズムズ、目がショボショボです。

 

最近スタッフの間で気になることが。

 

週末になるといつもご来店頂いていたお客様が、最近は全然お見かけしないのです。

男性のお客様で、いつも週末の午前中にお一人でご来店され、

必ずと言っていいほど「ミルフィーユ」をお買い上げになる。

 

ミルフィーユでも苺の入った「ミルフィーユフレーズ」がお好きなようで、

夏季限定で販売するバナナとココナッツの「ミルフィーユバナーヌ」は余りお気に召さないご様子・・・。

※因みにこの「ミルフィーユバナーヌ」はスタッフの中でも人気で、庶民派のフルーツ「バナナ」を

味わい深いものに仕上げていますので是非召し上がってみてください。

 

ミルフィーユファンのあのお客様は今度いつご来店されるのか、心待ちにしているスタッフ達です。

 

* * * * * * * *

 

さて、今日は新商品を3点紹介します。

savarinrouge.jpg

サバランルージュ ¥420

私はサバランというお菓子が大好きなのですが、どうやら一般のお客様、特に若い年齢層の方にとって、

サバランは敬遠される傾向にあると感じています。

お酒が強い印象があるから敬遠されるのかな、とか色々考えました(私個人的にはお酒が強いサバランが好み)

このサバランルージュはお酒は使っています。ですがクセのある味ではありません。

フランボワーズピューレを使ったシロップを染みこませて、スッキリした味と香りのフランボワーズのオ・ド・ヴィで香りつけしています。

そして最大のポイントは真ん中にこんもり高く絞ってあるピスタチオのクリーム。

ピスタチオとフランボワーズの組み合わせは王道ですが、サバランで合わせるのはあんまり無いんじゃないかな。

ピスタチオの持つナッツのビターな香りと、フランボワーズの酸味とキレ。

どうでしょう?食べたくなってくれましたか?(笑)

 

macchachoux.jpg

抹茶と黒糖のシュー ¥400

この細長のシューは最近シリーズ化していまして、

過去にシューキャラメル、シューティラミスというのがありましたが、

今回は抹茶と黒糖という和のテイストで作ってみました。

抹茶も黒糖もしっかり味わえるように仕上げています。口に入れるとどちらも主張してきます。

そして黒豆を噛んだときに、豆の独特の香りが広がって抹茶と黒糖の橋渡し役になってくれます。

因みにこちらの商品は私が原案を、うちのパティシエールの越川が試作して形にしました。

 

denimarron.jpg

デニッシュマロン ¥280

一見「なんだこれ?」と思いますよね。写真じゃわかり辛いと思いますが、

クロワッサン生地の中にアーモンドクリームと栗の甘露煮を詰め、

上にシュトロイゼルというスパイスを利かせたクッキー生地を乗せて焼き上げたお菓子です。

シンプルですが栗好きにはおすすめです。シュトロイゼルがミソです。

これがあるのと無いのでは全然印象変わります。

シェフ