ガーデンサロントークのお知らせ
貝殻亭リゾート&ガーデンでは、昨年も開催したガーデンサロントークを今年も開催いたします。
ガーデニング界でご活躍の講師の方々のお話と、その後は講師の方を囲んでのランチブッフェのひととき。
和やかで楽しいひとときをお過ごしいただくイベントです。新しいお花友達を増やしませんか?
時期
2月24日~12月8日 全7回シリーズ(各回のみのご参加も可能です。)
場所
ガーデンサロン(ル・ジャルダン・デュ・ソレイユ2階)
時間
9:30      受付開始
10:00~11:00  サロントーク
11:00~12:30  お食事(ランチブッフェ)
会費
1回につきお一人3,500円(税込)
募集人数
1講座に付き先着30名様まで
講座一覧
第1回 02月24日(月) 長森 正雄(全国的に著名な宿根草の生産者)
ご好評のうちに終了しました
千葉県富里市にハウスを持ち沢山の珍しい宿根草の栽培を手掛けている。丈夫でしっかりした苗は定評で全国津々浦々ファンが多い。人前で話すことなど出来ないとおっしゃる方に、昨年に引き続き講演をお願いしました。宿根草ガーデンを作りたい方には必見、必参加のスペシャル講座の第2弾です。
第2回 04月21日(月) 村上 敏(京成バラ園 チーフアドバイザー)
ご好評のうちに終了しました
京成バラ園チーフアドバイザー。植物全般に関心があり、NHK『趣味の園芸』TVや雑誌でバラから草花までの育て方を分かりやすく解説。京成バラ園芸に入社後、バラに関しては品種改良、卸、海外窓口、通信販売などひととおりの部門を経験し、幅広い知識と裏付けがある。現在はガーデン部(バラ園とガーデンセンター)に所属し、愛好者に対して直接、バラの手軽な栽培法をアドバイスしている。バラと草花との混植デザインを実践・研究中。
第3回 05月19日(月) 稲岡 一乃(貝殻亭ガーデン ヘッドガーデナー)
ご好評のうちに終了しました
貝殻亭ガーデンのオープン時より植栽を担当しています。貝殻亭ガーデンのコンセプト「香る」「摘める」「食べられる」「芽吹き」「新緑」「紅葉」「冬も緑豊か」といった、「生活とともに生長し、五感で感じ取る庭」を目指して奮闘しています。華やかなシーズンを迎える貝殻亭ガーデンの魅力をたっぷりとお話したいと思います。
第4回 06月23日(月) 今井秀治(薔薇&ガーデニングの写真で著名な写真家)
ご好評のうちに終了しました
1955年東京生まれ。武蔵野美術短期大学中退の後、赤坂スタジオ勤務を経てフリーカメラマンに。
広告や雑誌を中心とした活動のかたわら、英国庭園の撮影に取り組み、ガーデンローズをはじめとする庭園植物、および庭園撮影で活躍。著書にライターの妻との共著「イギリス家庭のガーデニングアイデア200」「イギリスのバラに逢いに行く」、ポストカードブック「LOVERY ROSESかぐわしきイギリスのバラたち」「OLD ROSES麗しのオールドローズ」、CD-ROM「イングリッシュガーデン」などがある。
第5回 08月25日(月) 斉藤よし江(グリーンローズカフェオーナー)
ご好評のうちに終了しました
義父の遺したバラを育てながら、村田晴夫氏に師事しバラを使った庭作りを始める。2006年にガーデンカフェグリーンローズをオープンして春と秋の庭を公開。町おこし事業で滝の入ローズガーデンや図書館の庭作りに関わる。現在も野村和子氏よりバラについて学んでいる。
第6回 10月20日(月) 小高静子 橋本景子(ガーデニングユニット「Nora」主宰)
ご好評のうちに終了しました
アマチュアガーデニングユニット「Nora」として活動を始めて6年目。
流山ガーデニングクラブのメンバーとして春のオープンガーデンに参加すると同時に流山おおたかの森SCでの寄せ植えやリース教室を毎年開催。グリーンフェスティバルや渋谷ヒカリエなど催事のデコレーターとしても活躍中。ブログ「Noraレポート」
第7回 12月08日(月) 野村和子(NPOバラ文化研究所副理事長)
ご好評のうちに終了しました
恵泉女学園中学高校および短期大学園芸科卒業。京成バラ園芸(株)研究所にて鈴木省三の助手を務める。その後千葉市花の美術館でみどりの相談員をしながら、NPOバラ文化研究所の副理事長として佐倉市草ぶえの丘バラ園の運営と管理に携わり現在に至る。越後国際香りのバラコンクール審査員。著書『オールドローズ花図譜』(小学館)、『オールドローズ』(NHK出版)、『四季の花だより』(千葉市みどりの協会)などの他共著、監修書多数。平成20年度園芸文化賞受賞。